洗顔が肌の老化防止の鍵?

人一倍洗顔石けんや洗顔方法にこだわりのある方も多いと思います。
また、洗顔よりもクリームなどに力を入れている方もいるでしょう。

洗顔は美肌を育てる基本となるスキンケアです。
間違った洗顔を繰り返していると肌の老化を早める原因になったり、
乾燥や肌荒れなどの肌トラブルの原因にもなります。

○間違った洗顔とは?
・肌をゴシゴシこする
毛穴の汚れや皮脂、メイクなどをしっかり落とすために、
力を入れてゴシゴシこすっていないでしょうか?

こすると肌への刺激となってシミの原因であるメラニンを生成させてしまいます。
さらに、肌を守るうるおいのバリアを破壊してしまい、乾燥肌の原因になります。

顔の肌は他の部分よりもとても繊細にできています。
やさしく汚れを洗い流してあげましょう。

・皮脂を取りすぎる
毛穴をつまらせたり、ニキビを作ったり、
メイクの浮きやテカリの原因となる皮脂はうるおいを守る大切な物質です。

皮脂を取りすぎてしまうと水分が蒸発して乾燥し、
乾燥から肌を守るために余計に皮脂が分泌されてしまいます。

全ての皮脂を取り除くような、
脱脂力の強い洗浄成分の入った洗顔石けんは避けましょう。

・熱いお湯で洗顔する
お湯は皮脂を奪って水分を蒸発させてしまいます。
また、熱すぎるお湯は肌を傷める原因になり、乾燥や肌荒れを引き起こします。

洗顔をする時のお湯はぬるま湯か、乾燥が気になるなら水を使いましょう。

○正しい洗顔とは?
・泡をたっぷり作る
洗顔石けんは泡立てネットなどを使ってしっかりとした弾力のある泡を作ります。
泡が肌と指の間でクッションになり、摩擦を軽減してくれます。

また、きめ細かい泡は毛穴やキメの奥につまってしまった汚れも
吸着して洗い流してくれます。

泡立ちの良い洗顔石けんを選ぶのをおすすめします。

・洗いすぎない
洗顔は汚れを落とすためのものですが、
本来皮脂はぬるま湯で落ちるしメイクはクレンジングで落とせます。

洗顔はクレンジングが浮かせたメイクや
しつこい皮脂汚れを落とすためにするものです。

必ず洗顔石けんで洗顔しないといけないというわけではありません。
メイクをしたかどうかや肌の状態に合わせて、適切な洗顔をしてあげてください。

・やさしい洗浄成分の石けんを使う
石けんの洗浄成分は、必要な皮脂まで取り除かないやさしいものを選びましょう。
皮脂は悪いイメージを持たれがちですが、肌を守る大切は働きをしています。

皮脂が不足してしまうと肌が刺激に敏感になり、
乾燥や肌トラブルが悪化してしまうことがあります。

不要な皮脂だけを取り除いて、
必要な皮脂は残してくれる洗顔石けんを使いましょう。

おすすめの洗顔石けんは「どろあわわ」です。
リンク先のサイトで「どろあわわ」の詳しい説明が見れます。
「どろあわわ」に興味のある方はリンク先も見てみてくださいね。

どろあわわ

「どろあわわ」とは、毛穴の汚れを取り除く海泥と、
肌を整える働きのある豆乳を配合している洗顔石けんです。
泡立ちがとてもいいので、肌を傷めずに洗顔ができます。

" "